文化・芸術
2018年07月29日 - 09月17日

「イダキ: ディジュリドゥ、
オーストラリア大地の音」展

「イダキ: ディジュリドゥ、
オーストラリア大地の音」展

Djalu Gurruwiwi, Yolngu Elder, Photo: Alex Robertson

アボリジナルの人々の伝統的な楽器、イダキ(ディジュリドゥとも呼ばれています)。

「イダキ:ディジュリドゥ、オーストラリア大地の音」展は、このイダキの奏でるリズムや歌を紹介するプロジェクトです。イダキの伝統的な所有者である、オーストラリア北部アーネムランドに暮らすヨルングの人々による多大な協力を得て開催します。画期的な本プロジェクトは、オーストラリアを象徴するこの楽器の魅力を大々的に追求する、初めての試みとなります。

イダキ(ディジュリドゥ)はオーストラリアを代表する音であり、多くのアボリジナルの人々などにより、世界各地で演奏されている楽器です。

オーストラリア先住民アボリジナル文化のシンボルであると共に、世界的な音楽の伝統を広める上で、欠かせない存在です。オーストラリア国立博物館と南オーストラリア博物館では、今回「オーストラリア now」の一環として、日本の皆さまにイダキの様々な側面を紹介します。

南オーストラリア博物館は、歴史的なイダキや他のディジュリドゥについての世界最良のコレクションで広く知られています。本展では音やストーリー、映像による独自の世界で、数々の貴重な収蔵品と共に、こうした楽器の魅力を生き生きと伝えていきます。

また、イダキの誕生にまつわる物語から、その様々な種類や、儀式や治癒効果、外部との交流や日常生活における役割なども紹介します。さらに、ヨルング族の文化や生態、音楽に光を当てた視聴覚体験によるユーカリの森の舞台設定において、30の貴重な展示品が登場する予定です。

「イダキ:ディジュリドゥ、オーストラリア大地の音」展は、世界的な規模を誇る「越後妻有-大地の芸術祭2018」の一環として開催されます。オーストラリア北部のアーネムランドに住む先住民アーティストが来日し、日本人ディジュリドゥ奏者GOMAとの共演によるコンサートや、地元の住民の皆さまとのワークショップなども予定されています。

「イダキ:ディジュリドゥ、オーストラリア大地の音」展は、豪日交流基金とオーストラリア文化外交補助金プログラム(ACDGP)によりオーストラリア政府外務貿易省の助成を受けています。

関連リンク:
南オーストラリア博物館
越後妻有 大地の芸術祭

ピンをクリックすると別ウィンドウでマップが開きます。

ページ
トップ