文化・芸術
2018年05月29日 - 05月30日

ACO特別公演
Australia now 2018

ACO特別公演
Australia now 2018

オーストラリア室内管弦楽団(ACO)

Wolter Peeters

世界が認めたオーストラリア室内管弦楽団(ACO)、フレッシュでエネルギーあふれるダイナミックな演奏をお楽しみいただけます。

PROGRAM 1 (5月29日)

  • ヴィバルディ「四季」

リチャード・トネッティ率いるACOと、中東の弦楽器であるウードの演奏家・作曲家であるエジプト系オーストラリア人のタワドロスがヴィバルディの名曲「四季」を新しい解釈で奏でます。

詳細はこちら

PROGRAM 2 (5月30日)

  • ヴォイチェフ・キラール 「オラヴァ」
  • ペトリス・ヴァスクス「ヴァイオリンと弦楽のための幻想曲:愛の声」(ヴァイオリン:リチャード・トネッティ)
  • J.S.バッハ「『音楽の捧げものより』6声のリチェルカーレ」
  • バルトーク「 弦楽のためのディベルティメント」

ACOの17名を中心とした演奏は、恍惚にして雄大、生々しくも壮大、理屈抜きに楽しめます。「愛の声」はACOのために書かれたものです。ヴァスクスは、ソリストとオーケストラの「恋愛の物語」だと語っています。「音楽の捧げものより、6声のリチェルカーレ」は史上最高のフーガとも呼べる曲。それぞれのパートの才能が際立つ演奏になっています。「 弦楽の為のディヴェルティメント」は、1975年に設立以来、今日まで楽団が愛し続けている曲です。

詳細はこちら

本公演は豪日交流基金によりオーストラリア政府外務貿易省の助成を受けています。

関連リンク:
よみうり大手町ホール

 

ピンをクリックすると別ウィンドウでマップが開きます。

ページ
トップ